氣楽屋鍼灸院 【富田林市】

Tel:0721-21-1434

全身のつらい症状を根本から改善する「鍼灸」です!!

全身のつらい症状を根本から改善する「鍼灸」です!!
 整形外科や病院に勤務経験があり、ホリスティックネットワークや東洋医学研究所に所属、セラピストとしても活動している院長による施術は、「全身調整」が基本です。
根本原因にアプローチし、つらい症状を改善しませんか?

内外のバランスを踏まえた「美容鍼灸」もあり。

9:00~12:00、13:00~19:00
日曜・祝日休(平日19:00以降と水・土曜は予約制)
駐車場あり

インフォメーションInformation

名称 氣楽屋鍼灸院 フリガナ キラクヤシンキュウイン
住所 大阪府富田林市若松町西1-1821-10 TEL 0721-21-1434
公式サイト https://kirakuya.localinfo.jp/    

ピックアップニュースPickupNews

2018/03/09

「お灸について」

 「お灸について」

ご自宅で艾(もぐさ)を直接ひねってお灸をされているという方からご質問をいただきました。

Q「当然直接もぐさを乗せて熱いのを我慢したほうが効果は高いんですよね?」

答えは「NO」です。

ここからは私見も入りますが、、、
特に直接灸をされる場合はそのもぐさの「硬さ」や「大きさ」場所の「湿度」などで燃焼温度が変わってきます。
お灸による効果を最大限求めたいとき、大切になってくるのは刺激量です。やけどを残すほどの熱さで灸をしても、必ずしも効果が高くなるとは言えません。
それどころか、火傷のあとは潰瘍となって感染の危険性が増すだけになりますので、避けるほうが良いと言えます。

また、お灸を日本に持って帰ってきた弘法大師「空海」も、その著書の中で、お灸は小さく捻り、程よくするように。やけどをさせるようなお灸は無意味だ。といった内容の記述も残しているようです。

私も経験上、お灸は火傷を残さないように据えたほうが効果が出ていると感じていますし、その大きさと燃焼温度と据える数のコントロールがキモだと思います。

どうしてもご自宅で、ご自分でお灸をされる場合は市販の台座灸(せんねんきゅうのようなもの)を使って、程よい温度で取っていただき、物足りない場合は二回・三回と回数をされることをお勧めいたします。

また、もぐさを使用される場合は隔物灸といって、もぐさの下にショウガのスライスや塩などを置いてお灸をされるほうがやけどの危険性が減少しますので、おすすめです。

本物の灸法はプロの技術です。
熟練の鍼灸師のお灸を体感されてから、ご自宅でもぜひお試しいただきたいと思います。

バックナンバー

2018/03/09
「お灸について」
2018/02/23
出張施術のオファーが
2018/01/30
シミ・くすみに鍼がいい
  • <<
  • >>

クーポンCoupon

インターネット限定クーポン券
 

氣楽屋鍼灸院

はり・きゅう施術、美顔・美容鍼灸 初回1,000円引

【注意事項】
★他の優待券・割引券との併用はできません ★要予約

【有効期間】
~2018/04/30

 
 

※インターネットエクスプローラーでクーポンの背景が消えてしまう場合はこちら