会員ログイン

メインカテゴリー

  • 南河内で食べる(ランチ・ディナー・カフェ・居酒屋 他)
  • 南河内で学ぶ
  • 南河内で遊ぶ
  • 南河内の美容・健康
  • 南河内の医療
  • 南河内のショップ
  • 南河内の暮らし
  • 南河内その他

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)
編集部ブログ
使って得するクーポン
今月のプレゼント
掲載希望
日本中のニュースが集まる、読める、見つかる、楽しめる!キャンディーニュース
情報交換掲示板
求人情報掲示板
リンク
フリーペーパー
フリーペーパーらくうぇる。
フリーペーパー
らくうぇる。南河内
らくうぇる南河内
南河内を楽しむ本
らくうぇる南河内
 
 
 
 

身体
健全

南河内初詣スポット Vol.1
日本最古の大黒天出現の寺
大黒寺[だいこくじ]

境内のいたる所で大黒様が微笑む

大黒寺 地域の人たちに「大黒さん」と呼ばれて親しまれている曹洞宗永平寺派寺院「大黒寺」。日本最古の大黒天出現の寺という伝承を持ち、商売繁盛のほか所願成就を願って遠方からも多くの人が訪れます。
縁起によると、お寺の始まりは665年(天智天皇4年)。役行者が金剛山で修験しているところに大黒天が5色の雲に乗って現れ、「我は、福を与える神である。縁ある地に我をまつり祈願する道場とせよ」とお告げをしたとされています。
そこで桜の木を彫って大黒天を造り、小堂を建てて安置。1500年代に一度焼失されたものの1734年(享保19年)に再興され、今に至ります。

 静かで心落ち着く境内には、その桜の木で造った大黒天尊像を祀る本堂のほか、七福神を祀る七福堂、釈迦如来像や珍しい釈迦如来涅槃図などが安置されている釈迦堂、良縁招福の三面大黒天を祀る三面堂、弘法堂、地蔵堂などが建ち並び、河内西国八番札所としても深く信仰されています。学者も注目する大型鐘楼は「康煕参年」の記年銘のある中国梵鐘です。

 例年、新年は混み合わずにゆっくりと初詣ができるそう。たくさんの大黒様が安置されているので、その表情を見比べるのも楽しそうです。

本堂

まずお参りをしたいのが本堂。伝承にも残る大黒天尊像、弘法大師座像、役行者像などが祀られています。

鐘楼

通高226cm、本体高さ170cm、口径140cmの鐘楼。1つだけ願って1回撞くと、その願いが叶うそう。

打ち出の小槌

大黒様といえば打ち出の小槌。この周りを鈴を鳴らしながら7周して念ずると運が向上するのだとか。

手彫りの「大黒天尊像」

噂を聞いて買い求めにくる人も多いという手彫りの「大黒天尊像」。中10,000円(左)、小5,000円(右)


天童山 大黒寺
TEL072-956-0953
所在地羽曳野市大黒499
アクセス近鉄電車南大阪線「駒ヶ谷」駅下車 南へ約200m
駐車場あり